超巨大テキストを保存する

鈴川エディタホームページ


2008年01月18日 更新

このページでは、300GBファイルを単一ファイルとして保存するプロセスを示します。

  1. 保存する前の鈴川エディタです。

    ファイルを保存する前の鈴川エディタ

    ページトップ

  2. [名前をつけて保存]ダイアログボックスで、ファイル名を”E:\Suzukawa\Data\Test300GB_Shift_JIS_A.txt”に設定したところです。[OK]ボタンをクリックして閉じると、保存を開始します。

    「名前をつけて保存」の設定

    ページトップ

  3. 保存を開始して約一分が経過したところです。鈴川エディタは保存の間、[編集経過]ダイアログボックスを表示して経過を示します。

    ファイルを保存開始

    ページトップ

  4. 以下には[編集経過]ダイアログボックスの画像だけを示します。画像は10分毎にスクリーンから取得したものです。

  5. 下図は保存が終了するところです。かかった時間は303分(約5時間)です。保存は読み込みより時間がかかります。

    保存終了

    ページトップ

  6. 下図は保存終了後、エクスプローラでファイル名”E:\Suzukawa\Data\Test300GB_Shift_JIS_A.txt”を表示しているところです。

    エクスプローラ、300GB

    ページトップ


Copyright (c)2000 - 2018 鈴木由彦(Yoshihiko Suzuki)
e-Mail:szkwjp@gmail.com
HomePage:http://www.szkwjp.com/