参考

使用パソコン

作者が使用しているパソコンは現在1台(C)ですが、過去に使用していたパソコン2台(A,B)も掲げておきます。

項目パソコンAパソコンBパソコンC
OSWindows XP(32bit)Windows Vista(32bit), Windows 7(64bit)
Maker自作機Faith(フェイス、東京秋葉原)
CPUCeleron 1.3GHzintel Core2 Duo
1.86GHz,1066MHz FSB
2MB L2Cache
intel Core i3
i3-3225 LGA1155
3.30GHz,L3:3MB,2/4
Memory256MB8GB16GB
HDD60GB + 120GB + 320GB500GB × 4 + 320GB500GB × 3 + 2TB + 3TB × 2 + 320GB
7200rpm、320GBは外付兼用
解像度15インチ
1024 X 768
21.5インチ
1600 X 900(最大1920 X 1080)

鈴川エディタの基本部分はパソコンAで作成しました。鈴川エディタはパソコンAでも100GBのテキストファイルを編集できます。鈴川エディタで100GB、10億行のテキストファイル(Shift_JIS)を読み込むのに、パソコンAで約8時間、パソコンBで約3時間、パソコンCで約30分かかります。

開発環境

項目説明
OSWindows Vista(32bit)、Windows 7(64bit)
開発ソフトDelphi 2007 for Win32、Delphi XE2
使用パソコンパソコンC

ワークファイルフォルダ

鈴川エディタ はファイルを開くと、個別ワークフォルダの下に個々のファイル独自のフォルダをつくります。このフォルダをワークファイルフォルダと呼ぶことにします。ワークファイルフォルダの中に、編集に必要ないろいろなワークファイルをつくります。また、クリップボード代わりに使うことができる個別ワークファイルもつくられます。ワークファイルフォルダの名前は作成年月日時分秒を基にして自動的につくられます。ワークファイルフォルダを残しておくと、素早くそのファイルを開き、前回の編集を続けることができます。前回のUndo、Redo も有効です。


Copyright (c) 2000 - 2014 鈴木由彦(Yoshihiko Suzuki)
e-Mail:szkwjp@gmail.com
HomePage:http://www.szkwjp.com/